キャッシング 審査

キャッシング審査

金融会社からキャッシングをするには必ず審査があり、その審査を通過しなければお金を借りることは出来ません。つまり、猫も杓子も貸してはくれないということです。それは当然のことで、貸す側とすれば貸したお金が返済不能となるようなリスクの高い顧客は、回避したくなるものです。
だいたい審査で落とされるのは、借入件数が4件以上あるような多重債務者が多くて、その次に無職や専業主婦といった固定収入のない人たちです。無職者が虚偽の勤務先を記載して申し込むパターンもよくみられますが、在籍確認をされて直ぐにバレてしまいますので、やめたほうがいいです。
そういった行為は、信用情報機関のデータに登録されてしまいますので、今後の借り入れに影響を与えてしまいます。


審査で落とされたら

消費者金融の審査で落とされることもよくあることです。その場合、審査に通らない何らかの理由が存在したはずで、よくよく自己分析をしてその理由を確認することが重要です。その理由を把握せずに、次の金融会社へ融資の申し込みをしても同じことです。
たとえば、借り入れ件数が3件以上あったり、収入の額が少なかったりすれば、大手の消費者金融では難しくなるので、大手は回避して中小中堅の金融会社をあたりましょう。そうすれば、多少は審査が甘くなりますので、審査に通る確率が高くなります。ただし、借入件数が5件以上にもなると、毎月の返済が苦しくなって生活に支障をきたしてしまいますので、それ以上の借り入れはやめたほうがいいでしょう。
もしも、返済のための借り入れを考えているのなら、それは熟考したほうがいいです。近い時期に大金が入る見込みがあるのならまだしも、そういった見込みがないのなら、借金が膨らむ一方になってしまいます。あきらめて債務整理を考えたほうが得策かと思います。